インドのジェネリックのタダリスで自信を回復

いくつになっても、勃起できるというのは、男性にとっては自身の源でもあります。
なのに、加齢とともに、またストレスの多さのためか、乾くして精力の減退を感じる方が徐々に増えているようです。
そのため、ED治療薬を求めている方が以前にもまして増えているのですが、ネックとなるのが価格の高さです。
有名なED治療薬のバイアグラなど、とても続けて飲めるような価格ではありません。
そこで、注目されているのがタダリスです。
これは、インドで製造・販売されているシアリスのジェネリック医薬品です。
10mgと20mgの錠剤があり、日本人であれば10mgでも十分な効果を実感することができます。

tadalis5インドの有名な製薬会社であるAjantaPharmaが製造している医薬品で、成分はシアリスの有効成分と同じものですから安心です。
シアリスの有効成分はタダラフィルという成分ですが、タダリスにもタダラフィルが配合されています。
名前の由来もこのタダラフィルなのではないかと言われているくらいです。
しかも、利用者としてはうれしいことに、作用時間がバイアグラなどよりずっと長く、最長で36時間も効き目が続きます。
36時間もあれば、明日は大事な日だという時に、前日に飲んでおけばいいのですから、飲むタイミングを心配する必要はありません。
それに、バイアグラのようなほてりといった副作用も少ないため、気軽に利用できるというメリットもあります。

ただ、インドで製造されていることと、製造方法がかなり違うようですから、まったく同ものだということはできません。
承認を受けているのはインド国内だけのことなので、服用する時はそのことを頭の片隅にでも留めておいてください。
安心して飲めるのはどちらかといえば、やはりシアリスに軍配が上がるのは仕方がないことです。

それでも、シアリスと同じく作用時間が長く、性的刺激を受けた時にだけ勃起するという特徴は魅力的です。
飲んだだけでやたらと勃起するわけではなく、性的な刺激があってこそ勃起できるのですから、より自然な勃起を実感することができます。
ただ、最長36時間の効き目があるとしても、個人差や体調の違いなどもありますから、今日だけは失敗したくないという時はだいたい4時間前に服用するのがいいそうです。
ただ、性行為の前に食事をする方が多いことを考えますと、服用するタイミングに悩みます。

タダリスは、食事の影響を受けにくいのはシアリスと同じですが、それでも空腹時に飲むことで吸収が良くなることは確かです。
もっとも効果を発揮する服用方法としては、夕食の3時間前が理想だとされています。
それなら、誰でも実戦可能なのではないでしょうか。
もちろん、20mgで最大36時間の効果があるとされていますから、服用のタイミングがずれたとしても、それほど心配する必要はありません。
食事前に服用しておけば、パートナーに知られることなく服用することができ、いつもと違う自分を演出することだってできるでしょう。

Comments are closed.